AGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)とは

AGAとは

脱毛症にはいくつか種類がありますが、成人男性で最も多いタイプの脱毛症がAGAです。額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていきますが、額と頭頂部のどちらか一方が薄くなるケースや双方が薄くなっていくケースがあり、抜け毛が少しずつ進行して徐々に薄毛が目立つようになっていきます。原因は遺伝や男性ホルモンの影響などが指摘されています。
近年になって服用する治療薬が登場し、抜け毛の進行を抑える効果や薄毛の改善効果が期待できるようになってきています。この内服薬は前立腺肥大症の治療薬として開発され、AGA治療にも効果が認められたという経緯を持っています。

このようなお悩みのある方はご相談ください

  • 血縁者に薄毛の方がいて、自分も薄くなるのではと心配している
  • 最近、抜け毛が気になる
  • 額の生え際が以前より後退してきた
  • 頭頂部の髪の毛が少なくなってきた
  • 地肌が薄く見える
  • 細くて短い髪の毛が増えてきた
  • 髪の毛にハリやコシがなくなってきた

など

AGAの症状

抜け毛や薄毛の進行がゆっくりで、額の生え際・頭頂部のどちらか、あるいは双方が薄くなっていくという特徴を持っています。これは毛包が十分成長せず、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまうことで起こっています。
AGAではほとんどの場合、薄毛にはなっても産毛は残っており、毛包は存在します。毛包がある限り髪の毛が太く、長く育つ可能性がありますので、あきらめることなく地道に治療を続けていきましょう。

AGAの原因

AGAの原因物質はDHT(ジヒドロテストステロン)で、このDHTは5α-還元酵素によってテストステロンから作られます。DHTは毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合してヘアサイクルを乱します。それにより髪の毛が太く・長くなる前に成長期が終了して抜けてしまいます。十分に成長していない細くて短い毛髪が多くなって、薄毛が目立つようになっていきます。
AGAの誘因では、ストレスや喫煙、不規則な食事、睡眠不足、過度の飲酒、遺伝などが指摘されています。

AGAの治療について

男性ホルモンの働きを抑える「ザガーロ®」や「フィナステリド(プロペシア®)」を用いた治療を行っています。この薬剤は前立腺肥大の治療薬として登場し、服用した方の毛髪が増えるという効果が確認されてAGA治療に用いられるようになったものです。

ザガーロ®

デュタステリドという有効成分がAGAの原因であるDHTを抑制するとされています。この薬は厚生労働省の認可を2015年に受けた新しい治療薬です。

フィナステリド(プロペシア®)

プロペシアの後発医療薬品(ジェネリック)であるフィナステリドは、有効成分は同じですがジェネリックのためプロペシアに比べ安価です。

当院では、先発医療薬品であるプロペシアと、ジェネリックのフィナステリドの両方を取り扱っております。

治療費用

初診 再診
診察料 2,000円 1,000円
薬品名 投薬料
プロペシア®錠1mg(1か月分・28錠)  7,000円(税込)
フィナステリド錠1mg「トーワ」(1か月分・28錠)
※プロペシア®錠のジェネリック薬です 
5,040円(税込)
ザガーロ®錠0.5mg(1か月分・28錠)  8,400円(税込)

※院内で直接、薬をお渡し致しますので薬局に行く必要はありません。

 

TEL:045-862-5001